酵素ダイエットに失敗しないために気をつけること

酵素で痩せる仕組みとは?

酵素ダイエットは、代謝酵素を増やすことが痩せるカギになっています。人の体内には潜在酵素といって、消化酵素と代謝酵素の2つが元から備わっているのです。消化酵素は、食べ物を消化して栄養を吸収しやすくする役割があります。代謝酵素は内臓を動かしたり呼吸をしたりなどの、代謝を行う役割があるのです。
しかし、酵素は使われる順番や元から備わっている量が決まっているのです。酵素は消化酵素から使われていきます。そして、代謝酵素は消化酵素の残りが回されるのです。消化されにくい物を多く食べると、消化酵素がたくさん消費されてしまいます。そうすると、代謝酵素に回せる酵素の量が減ってしまい、基礎代謝が低下しやすくなるのです。
したがって酵素ダイエットは、この代謝酵素を増やして基礎代謝を上げることで痩せる仕組みとなっています。

酵素ダイエットの注意点について

酵素ダイエットは、特に食事制限をする必要はないです。野菜やフルーツ、酵素ドリンクや酵素サプリから酵素を摂取しますが、これらはカロリーが全くないわけではありません。そのため、食事制限が必要ないからといっていつも通りの食事をしてさらに酵素を摂取しようとすると、カロリーを摂取し過ぎてしまいます。
そして酵素は熱に弱いため、加熱をすると力を十分に発揮出来ません。野菜やフルーツから酵素を摂取する場合は、生で食べるようにしましょう。ドリンクやサプリの場合は、加熱処理されていない物を利用するとよいです。
酵素はあくまで代謝を上げて痩せやすくする働きがあるだけです。酵素を摂取したからといって、簡単に痩せられるわけではありません。厳しい食事制限は必要ありませんが、ある程度意識することは酵素ダイエットを成功させるためには大切なことです。