酵素ダイエットの基本的な仕組み

酵素がダイエットに役立つ理由

酵素ダイエットの仕組みを説明する前に、そもそも酵素とは何でしょうか。酵素とは体内で作られるたんぱく質であり、消化や呼吸などの生体反応を助けています。酵素には消化酵素、代謝酵素、食物酵素の3種類があり、消化酵素は食べ物の消化を助けています。そして代謝酵素はエネルギーを呼吸や運動で消費する際に活躍しており、消化酵素が沢山使われると代謝酵素が不足してしまうことが実験により明らかになっています。つまり食べ過ぎにより消化酵素が大量に使われて代謝酵素が不足すると、代謝が低下し、エネルギーが消費されにくい体になってしまうのです。その結果太りやすく、痩せにくい体質になります。
ここで消化酵素と代謝酵素のバランスを保ってくれるのが食物酵素です。食物酵素を取ることで代謝酵素が働くようになると、代謝も活発になり、エネルギーが消費されます。このことを利用したダイエットが酵素ダイエットです。

酵素ダイエットのやり方

消化酵素と代謝酵素のバランスを整える食物酵素は生野菜や果物、発酵食品などに多く含まれています。これらの食べ物を積極的に食べることで食物酵素を摂取するのも良いですが、酵素ダイエットでは酵素ドリンクを飲むだけで大丈夫です。
ではここからは酵素ダイエットの具体的な方法について説明していきます。酵素ダイエットには2つ方法があり、まず1つ目は1日1食を酵素ドリンクに置き換える方法です。この1食置き換える方法は食事の摂取カロリーを減らすこともできますが、内臓の負担を少なくする効果もあります。
2つ目は1週間や1ヶ月に1回など定期的に1日断食をする方法です。断食をする日は朝昼晩全てを酵素ドリンクに置き換えます。なお断食する前後3~7日間は野菜や果物を中心とした食事を、普段の6~8割の量だけ食べるようにしてください。断食のための準備期間と、断食後の復食期間を設けることが大切です。

プエラリアはタイに自生する植物で、サプリなどに用いられています。その効果は、エストロゲンの分泌を促進することです。